マギアスティームの世界観マニュアル

Introduction

⇒大きい画像 ──最初に創造神が世界を創った。
 神は子である10の神々を創造し、世界を10に分け管理をさせることにした。
 10の神々は「ヒト」にたいして「文化」や「文明」──オラクル──を与え発展させていく。
 しかし、10柱の神々は互いに自身の権能をより拡大させんがため、
 自らがヒトに与えた権能で世界に戦乱を広げることに腐心するようになっていった。
 各国各地で勃発する神と人々による終わりなき戦争。
 その醜い争いに嫌気がさした創造神は全てを捨て世界の裏側へと消えた──
 それでも神々による争いは治まることは無かった。
 創造神のもつ絶対的権能を得るため世界の裏側に手を伸ばす神もいたが、
 その後姿を表わすことはなかった。

 神暦1818年。現存する神は五柱。神々と、人々の争いは今もなお続いている。


 世界の聲を聞く『魔術師』は朗々と告げる。
 ──世界はいずれ反転する。時代は創生の前、混沌に戻ろうとしている。
 賢き神は混沌に帰るを選ぶか、一つになり、世界を救うか。
 ──神の蠱毒の開演だ。
 最後に残る神こそが、世界の命運を決めるだろう。

──そう。これは、神を殺す物語である。


 あなたは、女神アクアディーネの祝福を受けた大地「イ・ラプセル」で
 この戦乱の世界に立つことになった神に選ばれた者──オラクルである。

 願わくばあなたの旅路が幸あらんことを──。


──奏でて舞うは神殺しの遁走曲(フーガ)
     さぁ、神の蠱毒(コドク)を始めよう──



歴史

⇒大きい画像
世界の創造
 約50億年前に創造神がこの世界ビオトープを創造しました。
 それから10億年後に原始生命が誕生し、20億年程前に大陸が出現しました。
 幻想種が最初に誕生したのは700万年前、純血種、亜人種も誕生し、遅れて混血種も誕生したのが20万年前になります。
 そこから魔法と文明が発達していったのが7500年前。
 文明を持った人類が神という偶像を作り出し国を勃興し争いを起こし『旧古代神時代』と言われる時代が4000年前にありました。
神暦の始まり
 人類の争いに嫌気のさした創造神は偶像の神によって争いが起こるのであれば、現実の神として神を人類世界に遣わし統治することで争いをなくそうと、  世界の誕生から50億年、はじめて能動的に世界に介入することを決めました。
 人を模し、人の心も模した神々が世界に悠久の平和を与えると信じて。
 神が世界に降り立ち文明をあたえていく、所謂人類史がここから始まります。
 創造神より生まれた10柱の神は世界を10に分け統治することになりました。
 しかし、彼ら神は己が領地を増やそうと争いを始めます。
 神暦200年頃に創造神は争いがなくならない世界に失望し、世界の裏側に喪失してしまいます。

 その頃より神の声を聴くことのできる人類『オラクル』が発生しました。
 神々はより、人類を操りやすくなったことに喜びオラクルに啓示をあたえ、人と神と戦争の時代に移行してゆきます。
 その戦争に勝利するため、失われた創造神の力を得んと創造神を世界の裏側に追いかけていく神が出始めます。
 しかし、帰ってきた神は一人もいませんでした。

 ・神暦300年頃
 東方の島国の神、アマノホカリが喪失。
 最も早く『神』が失われたこの小さな島国では独自の文化が発展してゆきます。

 ・神暦500年頃
 黒鉛の神の喪失

 ・神暦800年頃
 水銀の神の喪失
 
 ・神暦1000年頃
 紫銀の神の喪失
 
 残る神々は神の失われた土地を統廃合し、着々と支配地域を増やしていきます。

 ・神暦1300年頃
 通商商業連合国の勃興。
 マザリモノなど、国家からはみ出したものが商業を生業にすることで生活基盤を作ろうとしました。最初は小さな船団でしたが、やがてどんどん大きくなっていきます。
 このころから海賊も出現してきます。

 ・神暦1500年頃
 水晶の神の喪失
 パノプティコン北方にある未開拓地は1500年頃までは神の威光で人々が暮らしやすい気候でしたが、神の喪失によって、極寒の地になってしまいました。
産業革命の樹立
 1700年台初頭から魔法という技術に付け加え、科学という技術が発達してきました。
 最初にヘルメリア国王、チャールズ・バベッジが蒸気機関を編み出し、それは一気に世界を席巻することになりました。
 魔法とは違う新しい技術に世界は歓喜します。その蒸気技術を皮切りに様々な技術が生まれていき、世界は神代と魔法の時代から現代へと変遷していきます。
 その技術が戦争に用いられるようになったのは蒸気技術の発展から幾許の時間もありませんでした。
世界大戦の勃発
  1798年にヴィスマルクに視察に行ったシャンバラの宰相が暗殺されるという事件を皮切りに、一気に世界の情勢のバランスが崩れ始めます。
 その戦いはヴィスマルクとシャンバラのデウスギアを用い、撃ち合うという壮絶極まりない悲惨な戦いになりました。ヴィスマルクとシャンバラはおろか周 辺国や通商連も巻き込んだその戦いは大戦と呼ぶのにふさわしいものでした。
 その大戦での犠牲者や被害を重くみた通商連は国際条約を発布します。

 そして20年、冷戦状態であった世界はイ・ラプセル国王の崩御とともに告げられた『神の蠱毒』によってその天秤は大きく揺れ始めます。


各国について

●現在のMAP(182004~) ⇒大きい画像
⇒旧MAP(181805~)  ⇒旧MAP(181901~) ⇒旧MAP(181905~)
⇒旧MAP(182002~)

PC国と他の神が治める国の詳細情報 ※他国の神の権能等の情報は現在確認されているもの

イ・ラプセル(プレイヤー所属国)
比較的気温は温暖で湿度は高めの島国。他の諸国とも離れていることもあり戦争の混乱は比較的少なく 諸国に攻められにくい反面、こちらも攻めにくい地形になっています。
すべての種族に差別がなく、魔導技術も蒸気技術も取り込み発展してきました。
マザリモノの亡命も多く、いろいろな人種を受け入れています。
物語開始時に前王の崩御により、エドワード・イ・ラプセルが王に就任しました。
彼は就任することで現体制におけるオラクルの立場を抜本的に見直しイ・ラプセル王国自由聖騎士団を立ち上げ、任意で国防行為を行う騎士団員として扱うことにしました。
これによって、今まで戦争の道具として使われていたオラクルは自由意志での行動ができるようになりました。
今までの国防騎士団は18歳以上のオラクルは強制に入団を義務付けられていましたが、自由騎士団という組織になることによって10歳以上のオラクルは入団できるようになったのです。
イ・ラプセル王国の主神及びその他情報

神:アクアディーネ
王:エドワード・イ・ラプセル(前王の崩御により就任した年若き王です)
イ・ラプセル名誉将軍
『名誉将軍』エルシー・スカーレット (CL3000368)

ニルヴァン名誉領主
『ニルヴァンの槍』アデル・ハビッツ(CL3000496)
『ニルヴァンの鎧』シノピリカ・ゼッペロン (CL3000201)
『ニルヴァンの杖』テオドール・ベルヴァルド(CL3000375)

首都名:サンクディゼール

権能:『浄化』
悪徳に穢されたものを戦闘不能にすることで、浄化できる力を持っています。 また任意不殺能力もあります。
権能:『神殺し』
アクアディーネ以外の神へダメージを与え、殺すことができる能力です。
神造兵器デウスギア:水鏡階差演算装置
運命の未来予測を蒸気演算機で増幅、水鏡に映像化する魔導と蒸気が交わった未来予測装置。
その演算を解析し伝えることができるのは「演算士(プラローク)」と呼ばれる人々です。

●簡単な国による種族の扱い
 ノウブル:王族、貴族、一般人など。
 亜人種 :一応軍隊とか将軍にも少数だけどいます。
マザリモノ:現状偉い人はいませんが、王がエドワードになってからは差別も撤回し、そのうちマザリモノの将軍も出るかもしれません。
ただ貴族に関しては、古参のノウブルが煩いので認められることはないかもしれないです。
農奴的なものはいましたが人間の売買は禁止されています。
貴族様が貧乏な子をうちで召使や農業をやってくれるのであれば、守護する程度です。

イ・ラプセル王国の詳細情報
始まりの地
我々プレイヤーキャラの所属する国です。四方を海に囲まれ、温暖で平地が多く、豊富なミネラルを称える水源もあり水の王国とも呼ばれています。土もまた栄養のある土で農耕には優れています。
魔導、蒸気技術どちらも取り込み、発展してきました。
蒸気の国であるヘルメリア、魔導の国であるシャンバラほどではありませんが、それなりの技術水準をもっています。
国民の気性もまた温暖で、他国では疎まれている混血種や亜人種の忌避感が最も薄く、もっとも雑多な人種がこの国に住んでいます。
主な産業は綿花や、穀物。南に広がる穀倉地帯では多くの農産物が季節を問わずに収穫されます。
国王は「エドワード・イ・ラプセル」。即位したばかりの年若き王です。

イ・ラプセル動乱
イ・ラプセルも他の国々と同じく、オラクルの強制懲役がありました。ですが、現国王エドワードが、その体制を抜本的に見直し、奴隷制度の廃止を掲げました。
しかし、そこに行き着くまでには多くの反対がありましたが、前国王から引き続き宰相であるクラウス・フォン・プラテスとエドワードの地下活動により、前王の崩御によりなし崩しに行うことができました。
奴隷という労働力を取り上げられた貴族の全てが反感を持っていないとは言えない状態ではあります。

王都サンクディゼール
イ・ラプセル大陸中央に位置する王都です。水神神殿を中心に広がる都です。
18世紀~19世紀ヨーロッパの建築にもにたゴシックな建築物が立ち並び、東西南と中央に活気のある商店街があります。北側には蒸気工場が集まり少々排気によって空気はあまりよくはありませんが、見直しは検討されています。
また下水道も完備されていますし、街道もある程度は舗装されています。
貧富の差はないとは言えませんが(スラム街も存在していないわけではありません)概ね一般市民も暮らしやすい環境になっています。

アデレード港町
サンクディゼールから南に位置するイ・ラプセルが商業を行っている港町です。
とても華やかなバザーや、お祭りなどがよく開かれています。

交通
主要都市には鉄道が敷かれています。自由騎士団のみなさんは自由に乗り降りできます。

イ・ラプセル騎士団
建国時から続く由緒ある国防騎士団です。騎士団とは呼ばれてはいますが所謂軍隊として扱われます。
国内外の治安維持も彼らの仕事となります。
国王をトップとし、オラクル兵団、魔導兵団、正規兵と別れています。
現在ではオラクル兵団は解散し、オラクル自由騎士団として扱われています。
騎士団をまとめるのはフレデリック・ミハイロフ。
歴戦の兵士であり、前王のころよりイ・ラプセル王国を愛する優秀な騎士です。
彼ら騎士団のモットーは、生きて帰ること。それが理想論に過ぎないとしても彼らの挟持となっています。
中にはオラクルでありながら、あえて自由騎士団所属を辞退し国防騎士団に残る者も存在します。(NPCのみ)
王国国防騎士団階級はざっくりと騎士団長フレデリック・ミハイロフに続き、隊長、班長、騎士となっています。

オラクル自由騎士団
エドワードの号令により新しく新設された騎士団です。
今まで強制兵役のあったオラクルが自由に活動することができるための組織です。
18歳からの強制入団だったオラクル兵団とは違って、力あるオラクルが自分の希望で国を守りたいと思い志望すれば10歳から入団することができます。
彼らの役目は有事の際の国防、及び周辺諸国に対する調査など、雑多に渡ります。
また、階級は存在しません。軍事としてはオラクル自由騎士団は王国騎士団における『班長』待遇の身分を与えられています。
王国騎士団における階級は、自由騎士団では機能しません。
 

また騎士団に所属することによって、衣食住のサポートはされるので、若い男性は比較的志望することが多くなります。

水鏡階差運命演算装置
イ・ラプセルの神。アクアディーネの所有管理するデウスギアです。
彼女の神殿に配置され、近い未来の出来事を予測し演算し、水鏡に映し出していく装置です。その多量の雑多な情報を取捨選択し、解析していく職業が演算者(プラローク)と呼ばれます。
彼らはイ・ラプセルにしか存在しません。とりまとめるのは宰相でもあるクラウス・フォン・プラテスになります。

水神(アクア)神殿
イ・ラプセルの神アクアディーネの神殿です。要人警護の騎士が常に詰めており、他国の者や、オラクル以外は強く入場規制をされています。
近くにはプラローク養成学校などもあります。

衣食住
・衣類
穀倉地帯で綿花や生糸も算出しているので、生産能力も高く、国民の服装も自由になっています。
豪奢なドレスなどを纏うのは貴族だけにはなりますが、一般市民もそれなりの衣類を着ることができます。

・食事
豊かな水源と豊かな穀倉地帯もあり、牧場も数多くあるため大まかにおいては自給自足もでき、輸出も行っています。調味料は基本的には通商連からの輸入が多くはなりますが、豊かな食生活を送ることができます。

・住居
王族、貴族たちは王城や大きな屋敷に住んでいます。一般市民はその身分によって石造りの建物、レンガ、郊外で木製の建物と様々です。
騎士には集合住宅をあてがわれますので、住居のために騎士団に入団するものも少なくはありません。

重要組織
・元老院
貴族たちからなる国政集団です。
現在では、エドワード・クラウス派は多いとはいえ、奴隷の開放を拒み、再度奴隷制を復活させようとするオスカー・フォン・ノイマン派、穏健派のアルブレヒト・キッシェ派と様々な思惑が渦巻いています。

・国政会議クリルタイ
元老院、及び一般市民の代表、現場オラクルたちによる三角の国政会議の総称です。

学業施設

・キッシェ・アカデミー
錬金術や魔術、そのほか歴史や多岐にわたる一般教養や、学問を学びます。
主に貴族が通うことも多いですが、一般人でも特待生制度などは設けてあります。

学長はアルブレヒト・キッシェ。穏健派の貴族です。


・イ・ラプセル騎士防衛大学校
軍人(騎士)を育てるための軍学校

・プラローク養成学院大学
プラロークを育成するための学校(PCが通ってもらうのは構いませんがゲーム期間中に卒業してプラロークになることは不可能です)

どの大学においても学部にもよりますがおおよそ入学から5~6年で卒業というのが一般的です。
どの学部も研究生という形で10年以上居座る者もいるのが現状。

学び舎に入る年齢については下限も上限も特にありません。学びを求めることを推奨しています。

そのほか貴族の私塾や、一般市民の間での私塾もあります。


ヘルメリア王国(1820年消滅)
蒸気発祥の国といわれています。
蒸気技術と蒸気鎧装(カタフラクト)技術が高度に発展しています。
反面魔法文化は乏しく、技術として活用はされていません。

石炭の炭鉱が多く存在しています。
蒸気機関のため石炭を多く使用しているため国土全体で大気汚染が深刻な状態になっています。
ノウブル以外の人種を奴隷として人身売買して兵士にしています。
食べ物はあまり美味しくありません。
ヘルメリア王国の主神及びその他情報

神:ヘルメス
権能:人機融合(ノウブル以外の種族も機人化できる能力)
王:蒸気王チャールズ・バベッジ(蒸奇人間(超機人))
王都名:ロンディアナ

神造兵器デウスギア:人機融合装置
ノウブル以外の種族でも無理やり機械と合成することができる装置です。

ヴィスマルク帝国
軍事に大きく力をいれている国です。
多数の国々を征服し統合していくことで国土を広げていきました。
魔導、蒸気両面とも軍事転用して軍事大国として栄えています。

ですが東西で慢性的に内戦も勃発し、国全体の安定性は高くはありません。
また、自分たちの国にすむ人種こそが選ばれた人種として世界を統べるべきだと思っているものが多いエリート思考の国家です。
北方に強制収容所(ラーゲリ)があり、国家に反したものを収容し人体実験を行ったり、強制労働につかせています。
ヴィスマルク帝国の主神及びその他情報

神:????
権能:????
王:皇帝ヴィスマルク5世
王都名:ヴェスドラゴン

神造兵器デウスギア:大陸弾道砲
どの国の首都をも狙える魔導砲。一度使うと再充填に十数年かかります。前回、発動したのは20年前になります。

パノプティコン
神の御手による選別をもってすべての人々が幸せであるために管理されている国です。
わざと貧富の差をつけ人民管理運営することで立場における国民の最大限の幸福を提供し、決められた仕事や役割を配分することで、回っている階差社会です。

能力が高いものは優遇されよい職業に。
低いものはそれなりの待遇になります。
また差別は激しくマザリモノは管理され、裕福層の世話をすることで寝食が可能になっていいます。
パノプティコンの主神及びその他情報

神:アイドーネウス
権能:???
王:王族1687
王都名:地域1155

神造兵器デウスギア:国民管理機構
国民に個体識別認識をつけ管理するシステム。その膨大な情報をバベルの塔といわれる塔の屋上にあるキューブで管理。
管理ドローンの運営も行っている。

シャンバラ皇国(1819年消滅)
魔導技術が科学ほどの水準に発展した国です。その反面蒸気技術は乏しくなっています。
宗教国家で神であるミトラースが積極的に国を動かしています。

緑が多く大規模な森林が数多くあります。
そのうちの一つに何者かの隠れ里があると噂されています。
気温は温暖。穀物や野菜などの産出量は多く、牧畜も盛んです。
シャンバラ皇国の主神及びその他情報

神:ミトラース
権能:???
王:ヨハネス・グレナデン教皇
王都名:ウァティカヌス

神造兵器デウスギア:アルス・マグナ
ヴィスマルクと同じく大量破壊魔導式。式に魔導力を溜め込み敵陣に放出することで敵陣営に多大なダメージを与えます。起動式の展開には1ヶ月程度かかります

アマノホカリ
1500年前に神を喪失した島国です。オニヒトの発祥地。独自の文化が根付いています。
央華大陸

1300年前に黒鉛の神を喪失した大陸です。
イ・ラプセル周辺諸国の錬金術に似た五行思想を基盤にした錬丹術という技術があります。漢字文化の発祥の地でもあります。

通商商業連合国
略称『通商連』
国土はありません。巨大船舶を連結し船団として都市を形成している船団国家です。
世界の貿易に携わっている小国が集まった連合組織で議長が存在しています。

この世界の商業を取りまとめています。 主に海洋上を巡回移動し、各国で商業を行うために小船団を分離して、各々取引をしています。
一枚岩ではないようですが……。
国際戦時条約とは

・兵士以外の一般人大量虐殺の禁止
・居住区への砲撃の禁止
・毒ガス等の大量破壊兵器の使用の禁止
・通商連船団への攻撃の禁止
 などがあげられます。

この条約に違反すると商業取引の停止という措置が取られます。
現状戦時中で国家間の取引が出来ないので、一般的な他国からの輸入製品などは、通商連を通して行うことになります。

世界観の詳しい説明になります。ご興味のある方のみ御覧ください。
大まかにおいての科学技術や服飾など、RPの参考にご利用ください。
またあくまでも参考になりますので、あるなしを一つずつお聞きになることはお控えくださいますようお願いします。
■■文化レベル
大まかにおいて、私達の住む地球と同じような成り立ちでこのビオトープは出来ています。
私達の住む地球と違う大きな点は幻想種が存在していることと、魔法と神の存在。蒸気文明の大きな発達になります。
もちろん不便な部分はありますが、蒸気技術は魔法と融合することで大きく発展しています。
蒸気技術の最初はヘルメリア女王の発明になります。彼女が蒸気技術を発明してから150年ほどの時間がたち、一部地域を除き、現在では世界中に広まっています。

大まかにおいては私達の歴史の1800年台産業革命時代のヨーロッパ(ヴィクトリア朝)のようなファンタジー世界になります。

燃料は石炭が中心で木炭もつかわれます。ガソリン(内燃機関)は発展途上になります。

移動は蒸気機関車や馬車、蒸気バイクや飛空艇。

科学レベルは蒸気の台頭と魔法で、ある程度なんでもできることもあり停滞しています。
医療技術よりも如何に軍事に利用できるかということが主題の発明が多くなっています。


■服飾■
紫色の合成染料モーヴ、茜色のアリザリン、藍色のインディゴが合成され、機械式織機と相俟って鮮やかな色彩を持つ布地が大量生産されるに至りました。
ですが、流行色は「黒」や「茶色」。
というのも、蒸気機関での煤煙でのすす汚れが目立ってしまうので汚れても目立たない黒が最も合理的でした。
ニトロセルロースから化学繊維レーヨンが開発されています。絹のような光沢はとても人気があり、ドレスに重用されていますが、燃えやすいのが玉に瑕。
デニムも開発されています。


・ミシン
 近代的なミシンは発明されています。

・アイロン
 鉄の鏝に炭火を入れる炭火アイロンか、専用のストーブの上で加熱しては使うものが一般的でした。蒸気を利用したアイロンもあります

・メガネ/ゴーグル
 普通にあります。

・帽子
 流行りものはトップハットとハンチング。

・雨具
 いわゆる傘は日傘、もしくは女性用の雨具として発展してきました。男性は雨合羽を使用していました。

・ファスナー
 普通にあります

■機械技術■

・印刷/書類
 書類はパルプ紙にインク。印刷技術は輪転機。1時間に2万部程度の速度。
 あんまりいい紙というわけでありません。
 筆記用具はインクとペンが主流になっています。タイプライターもあります。
 羊皮紙をつかう地域もあります。

・鉄
 産業革命の主役。
 鉄鉱石からの溶融には高い温度が必要なため製造はとても難しいです。石炭を蒸し焼きにすることで不純物を取り除いて多孔質の炭塊であるコークスを得、精錬を容易にしたのが大きな技術革新だったと言えます。また、石炭から抜けたメタンや水素を含む可燃性ガスはそのままガス灯に流用されています。
 
・アルミ
 貴金属です。アルミホイルとかはありません

・照明
 前述鉄からのガスでのガス灯中心です。
 ほかはろうそく、白熱電球とか。火事も多いです。
 油は石油とか獣油とかになります。
 あと魔法で明かりは簡単に作れるので魔法で明かりを灯すことも多いです。

・硝子
 円筒の吹きガラスを開いて平板にする技術がすでにあります。

・光学技術
 1500年台から顕微鏡や望遠鏡は利用されています。

・コンクリート
 「ポルトランド・セメント」が発明され、実用化されています。コンクリートも家をたてるのに使われています。

・ゴム
 ゴムの木を育成したりしているのであります。硫黄を混ぜて弾力をあげる発見がありました。
 主に、布地に塗布して防水性をもたせていたりしました。

・合成樹脂
 塩化ビニルなどは発見されています。セルロイド中心なので燃えやすいです。
 壊れやすくはありますが、浮き輪やフロートは存在しています。

・電気
 ライデン壜の発明により蓄電・放電が可能となり、化学反応を用いたガルヴァーニ電池を発明していますが、電圧を安定させ動力源として利用可能な電池は現状ではありません。
 ですが、こういった安定動力源を蒸気で賄うことができたため、主流にはなっていません。基本的に電気より蒸気です。
 
 
・電信
・無線
 蒸気無線という形で50キロ圏内なら使えるものがヘルメリアにあります。

・暗号
 あります。

・ラジヲ
 蒸気ラジヲ。蒸気と魔法を利用したラジヲがあります。局事態はまだまだすくない新しい文化ですが、音楽を流したり、ニュースをながしたりと若者の間で流行の兆しがみえてきます。
 軍事施設には便利な情報発信のツールとして利用されています。

・お風呂
 蒸気シャワー的なものがあります。
 でもお湯をわかすのも魔法の方が手っ取り早いことになると思います。


・気送管
荷物を収めた金属カプセルを空気圧で送り出す短距離輸送システムで、主に郵便用途に使用されています。主要都市の隅々までを結ぶほどに発達。

・下水道
あります。ですがあまり衛生状況はよいとはいえません。国からハズレた人々が済んでいることがあります。


・建築は基本的に石造りかコンクリート造り。
街道などはある程度は整備されて、街や王国は敷石やタイルなどで美しく整備されています。
街中などは綺麗にコンクリとか敷かれてる場所もありますが、ちょっと郊外にいけば通る道としての整備はされていますがそこまで、予算がおりない感じです。


・石油自体は神暦前から発掘はされていますが、分離蒸留した、ガソリンという概念はまだありません。
 天然のアスファルトが建造物の接着、ミイラの防腐、水路の防水には使われています。

・石油は傷口にぬって血を止めたり、発熱をおさえるなどの民間治療の万能薬のようにも使われています。
 小瓶に入れて一般的に販売もされています。

・カメラ
 携帯可能なサイズのカメラはあります。


・映画
キノトロープ(蒸気駆動映像表示装置)と弁舌士の舞台形式で行われています。
カシャカシャと切り替わっていく画像に対して、弁舌士が説明をいれていくという形式です。
弁舌士は豪華な劇場だと、役者ごとに設定されていて、演技をしていくかんじになります。

・時計
小型化した時計はすでに量産化されています。上流階級ではおしゃれなデザインの腕時計をもつことはステータスにもなっています。


・ディーゼル機関 
 ありません。

・潜水艦 
 あります。


・戦車  
 あります。

・飛空艇 
あります。
現在戦争中なので、飛空艇での上空侵犯に関してはとても警戒されます。
通商連の移動手段のために、航空ルートはありますが、それなり以上に規制されています。
飛空艇は高価な移動手段ですので、世界にもそれほどあるわけではありません。
高度も速度もあまりとれない蒸気機関つきのグライダーは存在しています。
オーニソプター(羽ばたき機)に蒸気機関をとりつけたものがメジャーです。

・戦闘機 
 ないです

・蒸気船 
あります
大陸間の移動は基本的に蒸気船がメジャーになっております。

・電信機
あります(モールス信号)
イ・ラプセルにおいては、配布されるマキナ=ギアで連絡しあうことができます。
マキナ=ギアにとりつけられたエーテル石が固定周波数を出していますので、その固定周波数同士を高感度エーテル石とエーテル石の蒸気増幅装置のあるエーテル塔を介して接続することで通信ができます。


・電気
ありませんが蒸気技術でなんとかなっています。

・電話機
ないです。

・音楽再生装置
オルゴールくらいです。



・商業
個人的なお店などは普通にあります。軍事や大きな仕入れが関わってくるものは通商連が
仕切っています。
屋台や露天、大きめの施設での商業空間などになります。

通過は大雑把に、金貨、銀貨、銅貨です。
紙幣もありますが、一般的には貨幣中心に行われています。


基本的に通商連が商業を取り仕切ってるので、貨幣は共通貨幣になります。
パノプティコンのみ特殊貨幣を使っています。


・言語
公用語である神代共通語を使ってます。場所によっては、古代語とかネイティブの言葉をつかっているところもあります。基本的には公用語を使うことが多いです。


・墳墓
基本的には、火葬せずにカタコンベ(地下墓地)に埋められます。
(伝染病などを防ぐ目的です)
どこの国にもカタコンベは存在しています。

宗教
基本的に国民は自らの国の神を信仰しています。
神暦前の旧古代神時代の宗教のなごりはいまも残っていますが、神話、おとぎ話という形で昇華されています。
場所によっては旧古代神を信仰している人や、邪神信仰などもあります。

お祭り
旧古代神の由来のお祭りは今なお残っています。
シャンバラ以外の神様たちもそういったお祭りを否定することはありません。

タバコ
普通にあってOKです。

種族


ノウブル(純血種)
一般的な人型の種族です。この世界で最も多い種族となります。
秀でた能力がない分幅広い技能や技を取得することが出来、
身体的な特長による迫害なども受けにくく、王侯貴族や国の重要なポスト等もほとんどがノウブルです。
種族スキルを持たない代わり、初期スキルポイントが高くなっています。

唯一他種族と交わる事が出来る種族ですが、その混血児は「マザリモノ」と呼ばれます。
種族スキル:なし
能力値:平均( INT:5 DEX:5 POW:5 AGI:5)
特徴:キジン化が可能です。種族パッシブ能力はありません。

キジン(機人化・純血種)
ノウブルが何らかの傷病で四肢等を失った場合に蒸気鎧装(カタフラクト)で補った状態です。
機械化は80%が限度となり、脳や五臓六腑等は機械化に成功していません。
蒸気鎧装の見た目はその部位の形に近いものが殆どです。
機械化を良く思わない者に一定の忌避感を覚えられます。

種族スキル:なし
能力値:平均( INT:5 DEX:5 POW:5 AGI:5)
※ただし機械化の割合により以下の通り能力値が変動します。
機械化の割によって以下のように分けられています。
クォーター(25%)⇒防御系10%アップ+速度5%ダウン
ハーフ(50%)⇒防御系20%アップ+速度10%ダウン
オールモスト(80%)⇒防御系50%アップ+速度25%ダウン
※イラスト毎に機械化部位を変更することは基本的にできません。

ソラビト(亜人種)
身体の何処かに動物の羽を有する種族です。
羽の形状、場所、及び枚数、色は任意。
左右異なる羽を持つものもいます。
状況に応じて翼の位置や種類、枚数を変えることは可能ですが、枚数や大きさによる飛行能力の差はありません。

種族スキル:飛行
 自由に空を飛ぶことができます。
 戦闘中は飛行戦闘に準じます。
能力値:知力と素早さ
( INT:7 DEX:4 POW:3 AGI:6)

ケモノビト(亜人種)
人以外の動物の特徴を身体に有する種族です。
80%程度までは任意で自身のベースとなる動物化が可能。
部位に指定はありません。 
※変化部位による依頼での特殊判定は基本的にありません。
またこの種族は飛べません。
獣化を良く思わない者に一定の忌避感を覚えられます。

種族スキル:動物交流
 動物と簡易的な意思疎通を図ることができます。
 自身のベースとなった動物とは更に深く意思疎通が可能です。
能力値:腕力と素早さ
( INT:2 DEX:3 POW:8 AGI:7)
キャラクターメイキングにおいて一部お客様の任意で設定できる項目がいくつかあります。
それらの項目については著作・版権に携わるものを設定しないようにお願い致します。
ケモノビトにおいては実在する動物または実在していた動物に限ります。
後に版権や存在しない動物を設定したとわかったものに関しては、通知なく運営側で該当部分を編集する場合があります。

オニヒト(亜人種)
発祥は遥か遠き東方の地。
頭部に形状不問の角が1本~6本。
二本の長い犬歯が特徴です。
その体は頑強で知力も高いですが、鈍重です。
比較的存在数が少ない種族ですが、見た目がノウブルとさほど変わらないこともあり、忌避感などはありません。

種族スキル:吸血
 吸血することによって魔導力を回復させることが出来ます。
能力値:腕力と知力
( INT:6 DEX:2 POW:8 AGI:4)

ミズヒト(亜人種)
海洋で発祥した、水棲に親和性のある種族です。
頭髪が水のような物質で構成されており、 ウロコやエラ等もあるため、水陸両用で行動できる種族です。
水中での行動力は他を圧倒します。
腕力は高くはありませんが、知力が高い種族です。

種族スキル:水棲親和
 水中での活動が問題なく行えます。
 水中でのデメリットがありません。
能力値:知力
( INT:8 DEX:3 POW:4 AGI:5)

マザリモノ(混血種)
ノウブルと他種族もしくは幻想種との混血で生まれた人々です。
ベースはノウブルとなりますが機械との融和性が低く、機械化出来ません。
また混血種族特徴の一部(混血種族スキル使用不可)を失っています。
その特殊で不安定な奇跡による存在は一代限りの存在ですが、 他の種族より運命に抗う力(アニムス)を多く有しています。
人型を基準として20~80%程度まで異形化できます。

種族スキル:なし
能力値:やや平均的( INT:3 DEX:4 POW:7 AGI:6)
特徴:アニムスが他種族より1つ多くなります。
キャラクターメイキングにおいて一部お客様の任意で設定できる項目がいくつかあります。
それらの項目については著作・版権に携わるものを設定しないようにお願い致します。
後に版権とわかったものに関しては、通知なく運営側で該当部分を編集する場合があります。

ヨウセイ(亜人種)
シャンバラの妖精郷ティルナノーグに住んでいるヨウセイ種族です。(今後の展開でテュルナノーグ以外の集落出身もでてくるかもしれません)原始的な種族で、隠れ里に住んで自然と一体になって生きてきたものがほとんどなので魔法はともかくとして蒸気についての知識があるものはほとんどいません。妖精郷からでたことのないものがほとんどです。

外見特徴は長い耳と魔力でできた幻想的な羽根を有します。(飛行能力はありません。魔力の羽根はけすこともできます)
魔力特性が高く俊敏で弓の扱いに長けています。

種族スキル:自然共感
 植物と共感することができます。得ることのできる情報は断定的なものになり、明確な返答にはなりません。
能力値:知力と素早さ
( INT:7 DEX:4 POW:1 AGI:8)
魔力の羽の形状は自由です。イラスト毎に変化していても問題ありません。任意で格納することも可能です。魔力が低いときは羽が出せません。(ロールの範疇となります。)

バトルスタイル


日常生活による仕事とは別の戦闘におけるジョブとなります。


軽戦士スタイル


フェンサー→???→???

剣や小剣、ナイフなど刃物の扱いに長けたバトルスタイルです。
速度を火力に変換するスキルもあります。

得意武器:剣、大剣、盾
初期スキル:ヒートアクセル
能力: INT:0 DEX:0 POW:1 AGI:4


重戦士スタイル


バスター→???→???

大型武器を使用し、火力でもって敵を制圧するスタイル。

得意武器:大剣、斧鉈、槍矛、超重武具
初期スキル:バッシュ
能力: INT:0 DEX:1 POW:4 AGI:0


ガンナースタイル


ガンナー→???→???

銃器の扱いに長けたスタイル。
遠距離攻撃の部位狙いでも命中率が落ちないスキルなども取得可能。

得意武器:銃器
初期スキル:ヘッドショット
能力: INT:0 DEX:2 POW:1 AGI:2


魔導士スタイル


マギアス→???→???

世界の根源セフィロトに魔導接続し、
物理法則を越えた現象を現実に顕現するスタイル。

得意武器:柄杖、術具、鞭
初期スキル:緋文字(スカーレット・レター)
能力: INT:5 DEX:0 POW:0 AGI:0


錬金術スタイル


アルケミー→???→???

世界の真理をつかさどり、薬学やホムンクルスなど
様々な現象を顕現させることができるバトルスタイル。

得意武器:柄杖、槍矛、術具
初期スキル:パナケア
能力: INT:2 DEX:2 POW:0 AGI:1


格闘スタイル


ルクタートル→???→???

己が肉体を鍛え、鋼とし敵を倒すバトルスタイル。

得意武器:格闘武具、投具、鞭
初期スキル:震撃(しんげき)
能力: INT:0 DEX:1 POW:3 AGI:1


ヒーラースタイル


ドクター→???→???

体内にめぐるオドと大気にめぐるマナを接合すること によって 回復等を行えるスタイル。

得意武器:柄杖、術具、格闘武具
初期スキル:メセグリン
能力: INT:2 DEX:1 POW:1 AGI:1


レンジャースタイル


イェーガー→???→???

自然の中の魔力を得て魔力の矢で敵を穿つ狩人のスタイル。

得意武器:格闘、投具、弓
初期スキル:アローファンタズマ
能力: INT:4 DEX:1 POW:0 AGI:0


防御タンクスタイル


ガーディアン→???→???

仲間を護るための鉄壁の壁と化すスタイル。

得意武器:盾、剣、斧鉈、槍矛
初期スキル:シールドバッシュ
能力: INT:0 DEX:1 POW:3 AGI:1


ダンサースタイル


ダンサー→???→???

リズムに乗って戦うことで、様々な副次効果を生み出すスタイル。

得意武器:剣、楽器、投具
初期スキル:ツイスタータップ
能力: INT:1 DEX:1 POW:1 AGI:2


呪術士スタイル


ネクロマンサー→???→???

周囲に潜む死の気配を吸収し、相手を呪う邪法使いスタイル。

得意武器:柄杖、術具、投具
初期スキル:スペルカット
能力: INT:4 DEX:1 POW:0 AGI:0


ガジェットスタイル


ガジェッティア→???→???

ガジェットと呼ばれる道具を使って戦うスタイル。

得意武器:銃、投具、柄杖
初期スキル:チクタクノーム
能力: INT:2 DEX:2 POW:0 AGI:1


マータマイスタースタイル


ドールマスター→???→???

マキナ=ギアを通じて、スチムマータに命令を出して戦わせるスタイル

得意武器:格闘 術具 楽器
初期スキル:撃て、スチムマータ!
能力: INT:2 DEX:1 POW:0 AGI:2


魔剣士スタイル


ブリンガー→???→???

魔導と剣技の両立をコンセプトとする戦闘スタイル。魔導国家シャンバラの残り火を再現した。

得意武器:剣 柄杖 術具
初期スキル:マンイーター
能力: INT:3 DEX:0 POW:2 AGI:0


蒸気騎士スタイル


スチームポーン→???→???

蒸気機関で動く特殊な鎧で戦う騎士。高い攻撃力を扱うには、ある程度の損傷と熟練が必要となる。

得意武器:大剣 槍矛 超重
初期スキル:ホワイトラビット
能力: INT:0 DEX:0 POW:4 AGI:1


祈祷師スタイル


シャーマン→???→???

大自然と心通わす儀式を通じて、精霊と交信して力を得るジョブ。

得意武器:術具、楽器、弓
初期スキル:ワナゲメズワク
能力: INT:2 DEX:2 POW:0 AGI:1


セフィラ



ケテル
ケテル(王冠)。貴族などハイソサエティーに好印象を与えやすい。生まれながらに優雅な立ち振る舞いを可能とするセフィラ。
INT:1 DEX:1 POW:1 AGI:2


コクマー
コクマー(知恵)。自身に基礎となる知識があるものに限り、より深い知識を得ることを可能とするセフィラ。(未知の事象には非対応) INT:2  DEX:1  POW:1  AGI:1


ビナー
ビナー(理解)。未知の存在や事象に対して高い適応力を可能とするセフィラ。
INT:3  DEX:1  POW:0  AGI:1


ケセド
ケセド(慈悲)。一般人以上の医学知識を幅広く発揮実践することを可能とするセフィラ。
INT:1  DEX:2  POW:0  AGI:2


ゲブラー
ゲプラー(峻厳)。自身の性格や種族に影響せず、必要に応じて堂々とした風格や立ち振る舞いを可能とするセフィラ。
INT:2  DEX:1  POW:2  AGI:0


ティファレト
ティファレト(美)。無意識に異性に好印象を抱かせる立ち振る舞いを可能とするセフィラ。
INT:2  DEX:2  POW:0  AGI:1


ネツァク
ネツァク(勝利)。強く勝利を願い引き寄せ、ギリギリの戦闘を行っていた時に運命の天秤の傾きを自らに傾けることを可能とするセフィラ。
INT:0  DEX:0  POW:4  AGI:1


ホド
ホド(栄光)。秀でたカリスマ性により一般人の説得や扇動を行なう際に高い能力を発揮する事を可能とするセフィラ。(名声が高いほど効果↑)
INT:2  DEX:1  POW:1  AGI:2


イェソド
イェソド(基礎)。潜在する第六感を意図的に高め、感を鋭くする事が可能なセフィラ。通常の不意打ちをうけません。
INT:0  DEX:3  POW:0  AGI:2


マルクト
マルクト(王国)。意識させず人払いを行う事を可能とするセフィラ。強い意志(精神)には効果が薄くなります。
INT:0 DEX:2  POW:1  AGI:2


ロールクラス


ロールクラスとはプレイヤーの身分、職業を表します。選択したロールクラスによって様々な判定ボーナスを得ることができます。

一般市民
所属する国の大多数を占める一般市民であることを表します。農業や工業等一般的生活を営んでいる人々です。一般市民から情報(人数比もあり噂などの情報量が格段に多くなります)が聞き出しやすくなり、防衛力関連のシナリオで判定ボーナスを得ることができます。
騎士
イ・ラプセル騎士団所属の軍人であることを表します。騎士団の面々と上官、部下関係であることになりますが、優先されるのは自由騎士団での行動になります。また軍事力系のシナリオで判定ボーナスを得ることができます。
ポリティシャン

イ・ラプセルの政治家であることを表します。イ・ラプセルでの内政会議の際、一定の発言力を持ちます。※20歳未満の場合は見習い扱いとなり、その影響力は限定的なものになります。交渉系シナリオで判定ボーナスを得ることができます。
貴族

イ・ラプセルにおける貴族であることを表します。イ・ラプセルの貴族に一目置かれる存在になります。生産力系シナリオで判定ボーナスを得ることができます。 ※種族がマザリモノの場合は元貴族という扱いとなり、逆に貴族には疎まれる存在となります。
学徒

イ・ラプセルにおける学業施設の関係者(学生、先生、研究者等)であることを表します。学業施設や図書館などの利用が容易で情報収集がしやすく、噂や流行などもいち早く得やすくなります。発掘系シナリオで判定ボーナスを得ることができます。
マーチャント

イ・ラプセルで商売を営んでいることを表します。小口から大口まで様々です。通商連合国とのコネクションを利用することができます。 またシナリオ参加者全員が得るGPが増加します。(参加数だけ重複します)
マシーナリー

イラプセルで様々な技師として専門職の技能を持つことを表します。生産力関係のシナリオで判定ボーナスを得ることができます。またシナリオ内でのみキジンのファンブル値を軽減(-1)することができます(効果は重複しません)
アーティスト
イ・ラプセルで、絵画、陶芸、音楽、俳優など芸術芸能のカテゴリを生業にしていることを表します。独特のオーラを纏い、周囲の目を惹きつけます。それぞれの技術に応じたパフォーマンスを披露する事でより多くの人目を集める事もできます。 日常系シナリオで判定ボーナスを得ることができます。
神職
神殿の経営や雑務など、神職に関わることを生業にしていることを表します。イ・ラプセルにおける神殿関係の行動、調べ物が容易になります。他国調査系シナリオで判定ボーナスを得ることができます。
アウトロー

イ・ラプセルにて上記身分(クラス)以外を生業にしている人々です。一般的な人々とは意識がが違う事も多く、その生業も傭兵や放浪者など様々です。 一般人が関わりにくいイリーガルなコネクションを持つことがあります。 新天地開拓シナリオで判定ボーナスを得ることができます。


エネミー


この世界で敵となるキャラクターの情報。

還リビト(還リヒト)
いわゆるゾンビ。一度死んだ人間がイブリース化したり、魔素に影響されて起き上がり、動き始めるものをそうよびます。
生前の記憶も自我もなく、生物に対して執着し、生命力を得ようと襲いかかってきます。
まれにそれ以外の(幻想種除く)の動物にも起こりうることがありますが、その場合はイブリースとしてあつかいます。(浄化するとそのまま消滅します)
生物を取り込めば取り込むほど強くなっていきますが、生き返ることはありません。
言葉のようなものを口にする場合もありますが、それに意味はありません。

幽霊列車(ゲシュペンスト)
大陸を縦横無尽に走る、謎の列車。
深夜遅くに前触れもなく、魔術で編まれた線路を通り、目的不明に走り続ける幽霊列車です。
曰く、見たものは狂う。曰く、さらわれてしまうと噂が流れています。
幽霊列車が走った後は、村が消えていたり、荒廃していたり、何らかの被害を受けます。
また、人の不安や焦燥感など、マイナスの感情を増幅する効果もあります。

各国で深刻化し、調査団が派遣されていますが、未だに詳しいことはわかっていません。
・現状で分かっていること
瘴気を発し、そのあり方を狂わせて、イブリース(悪魔)化させていく。

イブリース(悪魔化)
幽霊列車(ゲシュペンスト)の影響を受け凶暴化した動物や幻想種を指します。
基本的に世界観として一般的にモンスターと呼ばれる幻想種も一通りの動物も存在しています。

・サンプルとしてヨーロッパ周辺に住む代表的な動物一覧
犬・猫・ウサギ・羊・牛・馬・山羊等の基本的なのは普通にいます。

シカ・ウシ・イノシシ科
アカシカ、ダマシカ、トナカイ、ヘラジカ
ムフロン、ヨーロッパパイソン、イノシシ

イヌ・イタチ科
アカギツネ、狼、銀狐、ホッキョクギツネ、アナグマ、カワウソ、クズリ

ネコ・クマ科
シベリアオオヤマネコ、ヒグマ、ホッキョクグマ

霊長目 ・ 奇蹄目 ・ 齧歯目 ・ クジラ目
バーバリーマカク、シェトランドポニー、ムササビ、ヨーロッパリス、シロイルカ
ヨーロッパバイソン

イブリース化
イブリース化しやすい対象
恐怖、欲望、不安、恨み等負の感情を持ち合わせた人や物がなりやすくなります。
人間(一般人)+オラクル(神に祝福された能力者)の人もなります。
オラクルはイブリース化し難いですが、オラクルがイブリース化した場合の強さの目安は元のレベル×3倍程度です。
動物(幻想種含む)
植物
無機物・鉱物
イブリース化によって、特殊能力・体型変化を得ることがあります
PC(イ・ラプセルのオラクル)の浄化能力によって浄化できます。

●イブリース化補足
現状『深度』設定はなし
イブリース化で得た特殊能力はイブリース化解除と共に消えます。
PC国の浄化能力は他国の人間は知らない(ストーリーの進行と共に噂になることはあるかもしれません)
他国⇒イブリース化した対象は殺すのが基本(浄化能力がないから)
PC国⇒イブリース化した対象は救うのが基本(浄化能力持ってるから)
イブリース化によるわらわら系の依頼については状況により殺す必要があるかもしれません。
イブリース化はPC国のオラクルが攻撃し、相手が戦闘不能になると自動解除されます。
※戦闘時の状況により解除された対象は保護しないと危ない事もあるしれません。


その他補足データ


プレイヤーキャラクターの目的
オラクルとなって自由騎士団に入り、他の国の神を討伐して世界を統一する事です。
唯一の神がこの世界を統一することで本当の意味で世界は救われます。
他にも困っている人々や悪意の影響を受けた人を助けたり国の発展のための協力をします。

自由騎士団(PC)の扱いについて
自由騎士は水鏡で察知された情報を受けるまでは、各々の職業に応じた普通の生活をしています。国王が対イブリース及び国家防衛のために認可した組織のため、国民も好意的に受け入れています。
また、自由騎士団とは別に国防軍事組織の通常の騎士団もあります。
その一部に警察機構もありますが、PCがそこに所属していたとしても依頼をうける状態(自由騎士団として活動)は自由騎士団として扱われますので、警察組織の権力は使いづらくなります。

様々な種族が共生する世界

一般的な人姿のノウブル、失った四肢などを蒸気鎧装で補ったキジンと呼ばれる人々。
翼の生えたソラビト。他動物の特徴を持つ種族など……
この世界には様々な種族が暮らしています。もちろんあなたもその一人です。

物語の進行により新しい種族の仲間が!

物語の進行によってPCの住む国イ・ラプセルでは存在しない種族の仲間が増えます。
他国にはまだ見ぬ種族も生活しており、例えばシャンバラの深い迷いの森の奥、
集落ティルナノグにはヨウセイがいると言われているそうです。

豊富なバトルスタイル

キャラクターは様々なバトルスタイルの中から自身にあったスタイルを選択します。
攻撃を重視するもの、味方を癒すもの、銃の扱いに優れたもの、後方支援に徹するもの──
それぞれの個性の連携はきっと困難な依頼にも打ち勝つことでしょう。

バトルスタイルのクラス

バトルスタイルにはそれぞれ初級~上級のクラスが存在します。
アクアディーネの力により一定の戦闘経験を積む事でクラスチェンジが行え、
上級クラスになるほど得意武器装備時に実力を発揮することでしょう。

物語の進行によって新しいバトルスタイルも増えます

バトルスタイルはアクアディーネの力によりチェンジすることも出来、
紹介されている他にも個性的でユニークなバトルスタイルが登場します。
新しいバトルスタイルは物語進むことで必然的に遭遇することでしょう。

あなたの本質『守護天司』(セフィラ)

守護天司とは生まれながらに持つその人の資質のようなものです。
生まれながらにオーラを持つ人、勘の鋭い人、他人を惹きつける人、反対に寄せ付けない人……
そのすべてが守護天司の恩恵によるものなのです。

次の侵攻先を決めるのはあなた!

戦うべき国はひとつではありません。調査し、動向を探り、世界全体の状況を把握していきながら
定期的に行われる投票で次に攻め込む国(場所)が決定されます。
手強い敵に挑むか、それとも堅実にいくかはあなたの投票によって決まっていくのです。

戦闘や生活のロールの幅を広げる豊富なスキル

攻撃や回復、味方を助ける戦闘スキルの他にも数多くの個性を豊かにするスキルがあります。
ロールプレイスタイルに合うものを自由に選択し、キャラクターの魅力を更に引き出せます。
また物語の進行によって自分でオリジナルのスキルを作り出することも可能となります。

取得したスキルのカスタムも!

取得したスキルはスキル名やフレーバーなどを自由に変更してカスタムスキルにすることが可能です。
カスタムスキルは依頼内で一度しか使えませんが元スキルよりも高性能になります。
まさに自分だけのオリジナルの決め技となるのです。

キャラクターのレベルアップ

様々な種類の依頼へ参加し、成果を得ることで経験を得ることで自身は成長します。
一定の経験を得てレベルアップするとポイントが付与され、自由に成長させることが可能です。
また誕生日の一定期間には自身の身長を伸ばすこともでき、この一年の成長を表現できます。

スキルのレベルアップ

スキルにはランク以外にスキル自体にレベルが存在するものがあり、成長させることが出来ます。
スキルのレベルが上がるとより強力になったり、範囲が広がったりと有用性がアップします。
お気に入りのスキルが初級クラスでも、極めれば上位ランクにも匹敵することでしょう。

装備アイテムのレベルアップ

武器や防具なども自身の成長に合わせて強化を行うことが出来ます。
また一定の戦闘回数をこなしたアイテムはレアリティアップが可能。
※初回のレアリティアップ時には特殊な効果も──!?