MagiaSteam
天下分け目、遺跡ケ原の戦い!



●凶報
 ――幕府軍、総出撃。
 その一報が梗都に届いたのは、つい先刻のことであった。
「……それは、本当の話ですか?」
 天津朝廷・梗都御所にて、伝令より報告を受けたアマノホカリは、つい演技を忘れて完全に素で聞き返してしまった。
 しかし、周りも同じように余裕がないのか、それを指摘する者はなく、ただただ、場はザワつくのみであった。
 しかし、それも当然の話だろう。
 何せ、ずっと睨み合っていた相手が、前触れもなくいきなり全軍出撃という大きすぎる動きを見せてきたのだ。しかも、報告によればヴィスマルクの部隊までもがそれに加わっているらしい。と、なればまさに文字通りの総出撃、ということになる。
「これは、一体……?」
「幕府の連中め、何を考えている!」
「ワケがわかりませぬな……」
 朝廷の公卿達も、そろって首をかしげた。
 まさか、ここまで大規模な動きを見せて何某かの陽動ということもないだろう。
「一体、嶽丸は何を――」
「あの……」
 真比呂が考えこんでいたところ、伝令役がまだそこに残っていた。
「どうした。報告が終わったなら下がれ」
「いえ、まだご報告すべきことが残っておりまして……」
「まだあるのか。ならば、早々に報告せよ」
「それが……」
 伝令役が見せた反応に、真比呂は眉根を寄せる。
 それはまるで、どう報告すればいいのかわからない、とでもいうような……。
「よい。何があったか、簡潔に述べよ」
「は、それでは――」
 そして伝令役は告げる。
 それは、まさに凶報と呼ぶ以外にない報告であった。
 もたらされたそれを聞いて、真比呂は愕然となりながら、呟いた。
「……幕府軍が、街や村を襲撃しながら進軍している?」

●殲
 町が、燃えていた。
 その町は今朝まで平和そのものだった。
 幕府と朝廷の対立はあれど、どちらもいたずらに町を燃やすような存在ではない。
 戦いは頻発すれど、それに町が巻き込まれることは基本的には少ない。
 ゆえに、戦時下であっても人々はそれなりに平和な時間を過ごすことができていた。
 ――今朝までは。
「焼け、殺せ、壊せ、目につくものは全て殲滅せよ。これは上意である!」
 焼け落ちる町の中で、そう叫ぶ者がいる。
 その男と、そしてそれにつき従う者達は皆、幕府軍の装備に身を固めていた。
 そしてはためく旗には宇羅氏の家紋。
 逃げまどう民達は、己を襲う者が国を守るべき立場にある幕府だと知った。
 家が崩れる。
 人が斬られる。
 子供の泣き声は炎の爆ぜる音に消え、兵士達は横たわる骸を踏みつけていく。
 平和だった町は、今や完全に蹂躙し尽くされようとしていた。
「な、何故です!」
 炎の朱と煙の黒に彩られた町の中で、一人の女が幕府の武士に向かって尋ねた。
「何故、このようなご無体を……!」
「何故とは、どういうことか?」
「どうして、お侍様がこのようなことをなさるのですか!」
「うむ? 意味が分からんぞ、娘」
「い、意味が分からないって……、国を守るあなた達が、どうしてこんな!」
「おう、そうだな。我ら幕府軍、かれこれ数十年、この国を守り続けてきたな」
「だったら――」
「だから、もういいだろう?」
 武士の言葉に、女性は目を丸くする。
 その言葉の意味を、女性は理解できなかった。
 何故なら、理解しようとする前に、その腹に武士の刃が突き立てられていたからだ。
「さぁ、いくさだ、いくさだ。弱き者は食われて死ね、強き者は戦って死ね、これまで我らが築いてきたものを全て燃料として、焼けろ、燃えろ、爆ぜろ、盛れ」
 力を失った女性の体を蹴倒し、武士は哄笑を響かせる。
「全ては上意! 我ら幕府軍、黒鬼将軍の意のもとに大いくさへと参じん!」
 そして幕府軍は襲撃と略奪によって大いに士気を高め、次の町へと進むのであった。
 総出撃より三日、幕府軍に殲滅された町や村は、すでに二桁を越えていた。

●そして遺跡ケ原にて
「こりゃあ、戦争なのか?」
「無論である。これこそがいくさよ」
 ヴィスマルク軍所属イェルク・ヴァーレンヴォルフ少将は、憮然とした表情を浮かべているが、向かい合う大男、黒鬼将軍たる宇羅嶽丸はただただ笑っている。
「戦略? 戦術? 計略? 作戦? 進路? 兵糧? ク、ハッハッハ! 小さい小さい! 結局は敵と味方、潰すか潰されるかであろうよ、いくさとは!」
「バカが」
 ガハハと笑う嶽丸に、だが、イェルクはそう言って吐き捨てる。
「勝つための戦略だ。勝つための戦術だ。勝ための計略で、勝つための作戦で、勝つための進路で、勝つための兵站だ。勝たなきゃ意味ねぇんだよ、戦争ってのは」
「おう、いかにも! ゆえにそれらは全ておまえさんに任す! 良きに計らえ!」
「じゃあ具申するが、町への襲撃やめろ。余計な手間かけてんじゃねぇよ」
「それはならぬ」
「何でだよ?」
「何せ、あれは取り立てであるからな。これまでこの国の連中に余が貸し付けていたもの。それを返してもらわねばならぬゆえ。取り立てに容赦は無用」
「貸し付けてたもの?」
「日常よ」
 嶽丸は興味なさげに言った。
「我ら幕府、この国の守り手として、朝廷と対立はすれどもこれまで民草の安寧を守り続けてはいた。この数十年、無駄にな」
「無駄、ねぇ」
「余は根っからのいくさ人であるからな、天下泰平など退屈なばかりよ。余だけではない。幕府に与する者の多くは余と同じく、この無駄な平和に付き合ってきた」
「だから、取り立てる、と?」
「応! 今まで耐えてやったのだ、今度は民草に耐えてもらう番よ。なぁに、余が死ねばまた日常は戻ろう。それまでの辛抱だ。民は死ぬだろうが、利子だな、それは」
 笑ってのたまう嶽丸に、イェルクは「ケッ」と鼻を鳴らした。
「俺も自分は戦争屋だって自覚はあるが、てめぇはそんなモンじゃねぇな。絶対、ロクな死に方できねぇぜ、わかっちゃいるだろうがな」
「なぁに、それもまた一興よ。絶望もまたいくさの醍醐味――」
 嶽丸が楽しげに語っていたそこに、神殲組副長の土方がそっと近づいてくる。
「上様」
「応」
 そして土方から何事かを耳打ちされて、嶽丸の笑みがさらに深まった。
 それを見て、イェルクはまたロクでもないことが起きたな、と、嘆息する。
「何事だよ」
 土方が下がったのちに尋ねると、嶽丸は声を弾ませて答えた。
「来たぞ。朝廷の連中だ。自由騎士共も一緒だ」
「……はぁ?」
 イェルクは耳を疑った。
 早すぎる。予定では、朝廷の勢力圏にもう少し深く食い込んだ辺りで連中とは接敵するはず。なのに、ここは南護屋近隣。あまりにも早すぎる。
 いや、違うこれは――、
「黒鬼の」
「応、何かな、鉄血の」
「テメェ、これまでわざわざ時間と手間をかけて町や村を襲ってたのは、連中の行軍を早めてこのタイミングでぶつかるよう調整するためか?」
「ク、フッフ、やはりおまえさんは話が早くて助かる。いかにも。この遺跡ケ原こそが彼奴らと我が軍の決戦の地。天下分け目の大合戦の舞台よ!」
 それを言う嶽丸を見て、イェルクは思った。もはや何を言っても無駄だ、と。
 だが、これだけは問わずにはいられない。
「どうして、今なんだ?」
 まだ準備段階の作戦があったはずだ。これから実行する計画だって、幾つもあった。
 それらすべてを白紙に変えて、何故今、彼は決戦を挑むのか。
 問われ、嶽丸は表情を難しいものに変えて答えた。
「――どうやら、今が最期の機のようなのでな」


†シナリオ詳細†
シナリオタイプ
大規模シナリオ
シナリオカテゴリー
対人戦闘
担当ST
吾語
■成功条件
1.宇羅嶽丸を討つ
2.イェルク・ヴァーレンヴォルフを討つ
唐突に合戦。突然の決戦。されど、それが合戦であり、これは決戦なのです。
吾語です。長らく続いたアマノホカリでの戦い、これが最終戦となります。

場所は、南護屋近隣。
古代遺跡が多く残ることからその名がついた遺跡ケ原。
つまり、関ケ原です。地理的条件も大体同じです。ただし小早川秀秋はいません。

なお、自由騎士側は水鏡で情報を得た上でこの場に来ています。
水鏡での予知と、朝廷からの報告、両方があって最速で動いた結果、この遺跡ケ原が戦場となりました。

今回は、大規模会戦での激突となります。
このシナリオに参加する自由騎士のうち、貢献値200以上の方は「部隊長」という形でアイテムとは別に部隊を指揮できます。
「部隊長」として参戦することで、各戦場での「兵力」に補正を加えることができ、それにより戦況に影響を与えることができます。

個人として参加するか、部隊長として参加するかは、プレイングで指定してください。
プレイング内での指定がない場合は、個人参加という形になります。
部隊長として参加する場合、部隊をどのように指揮するか明記することで、さらに兵力の補正を高められる場合があります。

部隊長として参加する場合、指揮できる兵士の数は貢献値が高いほど多くなります。
詳しくは下記の通りとなります。

・200~300:兵力+極小
・301~350:兵力+微小
・351~400:兵力+小
・401~500:兵力+中
・501以上 :兵力+大
・名誉称号あり:上記に加えて兵力+中


三カ所ある戦場のうち、二カ所では「敵軍兵力」が設定されています。
この「敵軍兵力」は各戦場の攻略難易度に関わってきます。

具体的には、自分の部隊長が率いる兵士の総数と「敵軍戦力」が比較されます。
この比較で兵力差が大きいほど、各戦場における有利不利が大きくなります。
自軍の兵力が「敵軍兵力」より少ないほど、敵側が有利になります。
逆に自分の兵力が多いほど、自軍側が有利になります。

なお、自軍兵力には朝廷近衛軍による「兵力補正」が加わります。
三カ所の戦場については、下記の通りとなります。


◆敵勢力
・宇羅幕府軍
 ・護衛方
  敵軍兵力:多数
  兵力補正:小
  嶽丸がいる本陣を守る精鋭部隊です。ニンジャとサムライで構成されています。
  攻略度が高くなることで「本陣」に進める自由騎士の数が増えます。
  敵は全員、ランク3スキルまで使ってきます。
  3ターンに1度、ヴィスマルク部隊からの増援によって兵力が5%増加します。

 ・本陣
  敵軍兵力:-
  兵力補正:-
  『黒鬼将軍』宇羅嶽丸と『神殲組副長』土方武蔵がいる敵の本陣です。
  他にも少数の神殲組の隊員(サムライ)が存在しています。
  勝利条件は嶽丸を倒すことです。
  護衛方の攻略が進むことで、ここに到達できる自由騎士の数が増えていきます。

  ・『黒鬼将軍』宇羅嶽丸
   漆黒の大鎧に身を包んだ宇羅幕府の将軍であるオニヒトです。
   全身、禍憑きの武装で身を包んでおり、通常攻撃にブレイク2の効果。
   また、自身はBS全耐性を保有。これは解除することができません。
   サムライのランク3スキルを最高レベルで使用してきます。
   また、下記のEXスキルを使用します。

   Exスキル:奥義・血顕真神太刀
   己の血をもって威を成し、意をもって理を断ち切る。この一太刀に断てぬものは無し。
   敵近単・攻撃前HP消費

  ・『神殲組副長』土方武蔵
   嶽丸の側近である細身のノウブルのサムライです。
   鎧は身に着けておらず防御力は低いですが、速度と回避率が異様に高いです。
   また、太刀は嶽丸と同じく禍憑きの太刀であり、通常攻撃にカース2の効果。
   攻撃はCT率が高く、サムライのランク3スキルを最高でベルで使用します。
   また、下記のEXスキルを使用します。

   Exスキル:奥義・表裏快刀乱麻断ち
   その技の要諦は表裏にあり。表の一刀をもって肉を斬り、裏の一刀をもって骨を断つ。
   敵近単・二連・ブレイク

・ヴィスマルク軍
 敵軍兵力:大多数
 兵力補正:中
 ヴィスマルク軍少将イェルク・ヴァーレンヴォルフが指揮をする鉄血の部隊です。
 戦車×多数、重戦士・軽戦士・ガンナー・防御タンク・魔導士・ヒーラーなどで構成されています。
 この戦場での攻略度が一定以上になるまで、護衛方に増援を送り続けます。

 ・イェルク・ヴァーレンヴォルフ少将
  叩きあげのヴィスマルクの軍幹部です。種族はキジン。
  自身は大剣を使う重戦士であり、ヴィスマルク部隊を指揮しています。
  今回は、防御タンク×2、ヒーラー×2の護衛部隊を率いています。
  護衛部隊はそれぞれスキル3まで使用してきます。
  また、護衛部隊を倒しても、イェルクがいると3ターン後に補充されます。
  イェルク本人は重戦士スキルをランク3最高レベルで使用します。
状態
執筆中
報酬マテリア
3個  7個  3個  3個
参加費
50LP
相談日数
7日
参加人数
28/∞
納品予定日
2021年04月20日

■現在のメイン参加者 28人■

『日は陰り、されど人は歩ゆむ』
猪市 きゐこ(CL3000048)
『戦場に咲く向日葵』
カノン・イスルギ(CL3000025)
『SALVATORIUS』
ミルトス・ホワイトカラント(CL3000141)
『stale tomorrow』
ジャム・レッティング(CL3000612)

■相談ルーム■


セアラ・ラングフォード(CL3000634)   2021年04月12日(月) 00:15:58
…ヴィスマルク軍へ行ってみますね。

>事前付与
できないとはありませんから…。
ただ相手も同じ条件かもしれません…?


カーミラ・ローゼンタール(CL3000069)   2021年04月11日(日) 22:11:09
そーいや、特に書いてないけど事前付与ってできるのかな……?


エイラ・フラナガン(CL3000406)   2021年04月11日(日) 21:59:15
ウル、エイラ。本陣行くスる。


セアラ・ラングフォード(CL3000634)   2021年04月11日(日) 20:25:42
…ヒーラー、セアラ・ラングフォードと申します。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

ぎりぎり、兵力+大の部隊を指揮はできるのですけれど…。
どちらに行きましょうか…。


たまき 聖流(CL3000283)   2021年04月11日(日) 19:10:10
遅くなりました。
ヒーラーの、たまき・聖流です。
宜しくお願い致します。

そうですね…
私は、回復役がいない、敵本陣へ向かう方の補助をしようかと、思います。


ミルトス・ホワイトカラント(CL3000141)   2021年04月11日(日) 14:10:29
状況的に私はヴィスマルクの敵将狙いに切り替えた方が良さそうな感じがしてきました。
そうなると個人で参加しないとかしら……。(ヴィスマルク軍自体は本陣が分かれているわけではないけれど)


キリ・カーレント(CL3000547)   2021年04月11日(日) 11:00:07
キリ・カーレント、防御タンクです。
遅くなりました、参加させていただきます。
本陣にて、皆さんをお守りします。

ですが…。あいつらは一人も逃さないつもりで、行きます、ね。


リィ・エーベルト(CL3000628)   2021年04月10日(土) 23:04:35
アルケミーのリィ。よろしく。
個人参加でヴィスマルク軍に行っとくねー。


ナバル・ジーロン(CL3000441)   2021年04月09日(金) 23:56:22
兵士でもない一般人を殺しまくってるとか、頭おかしいのか?! クソが!!

ナバル・ジーロンだ!
「中」兵力を率いて護衛方の抑えに入ろう。
絶対に負けらんねえ!


猪市 きゐこ(CL3000048)   2021年04月09日(金) 22:20:45
>きゐこの隊は援護射撃
任されたわ!私自身は全体攻撃予定だけど、折角だし隊の方針としては戦車を中心に狙っていこうかしらね…
歩兵の方は任せたわ!


ウェルス ライヒトゥーム(CL3000033)   2021年04月09日(金) 20:36:43
ガンナーのウェルスだ、よろしく頼むぜ。

部隊に良い思い出が無いし、悪いが個人で動く予定だ。
ヴィスマルク軍狙いだな。


瑠璃彦 水月(CL3000449)   2021年04月09日(金) 20:34:13
瑠璃彦ですぞ、どうぞよろしく。

あっしはまだどこに行くか決めてない故、もう少し考えますぞ。


アデル・ハビッツ(CL3000496)   2021年04月09日(金) 14:53:53
>対ヴィスマルク
対軍勢の戦闘は、俺と俺の部隊が受け持とう。
散兵で浸透しつつ、敵陣の側端に戦力を集めて局地的な数的優位を作る戦術を考えている。
将を狙う者は、こちらが接敵したら行動を開始してくれ。
きゐこの隊は援護射撃を頼みたい。戦車が厄介なので、これを封じられたら御の字だな。


ロザベル・エヴァンス(CL3000685)   2021年04月08日(木) 02:42:35
ロザベル・エヴァンスです。よろしくお願いします。
貢献度が足りないので個人で参加します。
見たところ、ヴァーレンヴォルフ少将個人を狙いに行く人数が少なくなりそうなので、そちらに向かおうかと思います。


フリオ・フルフラット(CL3000454)   2021年04月07日(水) 20:46:50
軍人観の解釈違い、でありますね!!
フリオ・フルフラット、よろしくお願いします!

兵力は無く個人での参戦となりますので、敵将に切り込んでゆく形となるでしょうか。


猪市 きゐこ(CL3000048)   2021年04月07日(水) 20:02:50
まぁ幕府は気になるけど、私はヴィスマルク軍を相手しようかしらね。
軍としては兵力+中って所だけど、魔導部隊として動くなら丁度良いぐらいでしょうしね!


非時香・ツボミ(CL3000086)   2021年04月06日(火) 18:08:43
ああ、すまん一番肝心な所が抜けてた。
護衛方狙いだ。


非時香・ツボミ(CL3000086)   2021年04月06日(火) 18:04:27
自分ルールを押し付けて来るクズは別に嫌いじゃないのだが、こいつは英雄でもあるのだなー。何ともかんとも、こう、音楽性が合わん。
貸し剥がし仕切られる前に仕留めて帳消しにしたい所だな。

医者だ。
兵力+大の部隊でまあ、宇羅幕府軍を削ろうかなあとか。


アデル・ハビッツ(CL3000496)   2021年04月06日(火) 16:11:47
アデルだ。

1000超の貢献値と名誉将軍の称号があるので「兵力+大+中」、ということになるかな。
ヴィスマルク軍を叩くつもりだ。よろしく頼む。


マグノリア・ホワイト(CL3000242)   2021年04月06日(火) 05:36:25
錬金術師のマグノリア・ホワイト。…宜しくね?

全体の数は分からないから何とも言えないが…増援される5%の兵を叩くつもりだよ。


ナナン・皐月(CL3000240)   2021年04月05日(月) 22:27:11
ナナンはねぇ、護衛方に行こうかなぁ?って思ってるのだ!
しょうすーせいえーで頑張るのだ!


天哉熾 ハル(CL3000678)   2021年04月05日(月) 22:18:20
魔剣士スタイルの天哉熾 ハルよ。宜しくお願いするわ。
土方を殺しに行くわよ。


ミルトス・ホワイトカラント(CL3000141)   2021年04月05日(月) 22:05:18
ミルトスです、よろしくお願いします。
さて、私はどうしましょうか。
大部隊の指揮が可能なことですし、ヴィスマルク軍の方がいいかなと。


カノン・イスルギ(CL3000025)   2021年04月05日(月) 22:00:51
オニヒトで決闘者のカノン・イスルギだよ。どーぞよろしくね。

それがどんな物だったとしても、信念とそれに殉じる覚悟はあるんだろうね、この将軍様は。だから民を殺していいって事にはならないとは思うけど。なのでカノンは本陣にいこうかと思ってるよ。オニヒトとして止めにいくよ。 


ロンベル・バルバロイト(CL3000550)   2021年04月05日(月) 21:58:28
ロンベルだ、よろしくっと。
せっかくだしこの祭りの大将(宇羅嶽丸)へ挨拶しに行くぜ。


猪市 きゐこ(CL3000048)   2021年04月05日(月) 21:54:15
えぇ…いやまぁ略奪に意味を求めるなんてナンセンスかもしれないけど…
えぇ…それ曲がりなりにも幕府がやっていい事なの…えぇ?…(どんびき…)

ま、まぁいいわ。私は魔導士の猪市 きゐこだわ。よろしく。


アンジェリカ・フォン・ヴァレンタイン(CL3000505)   2021年04月05日(月) 21:49:04
さて、被害を抑えるには敵将を狙うのが良いのでしょうけど…
…えぇ、許されるなら副長に個人的な借りを返しに行きたいですね。
今度は真正面から、小細工無しの削り合いを。

重戦士、アンジェリカと申します。
宜しくお願いしますね。


カーミラ・ローゼンタール(CL3000069)   2021年04月05日(月) 21:29:08
ケモノビトの格闘スタイル、カーミラだよ!
こんな奴ら、政府でも幕府でもない、ただの賊だ! ぶっ潰してやる!